伊豆の隠れ家カフェや穴場ビーチ、老舗の蕎麦屋など人気のお店や足湯処、観光情報、お土産情報を紹介。!祝・反射炉世界遺産!

-伊豆で暮らす地元っ子日記-

: 三島市・駿東郡・田方郡

1 / 912345...最後 »
Petit Pont(プティポン)のマロンパイ!

petit pont(プチポン)のマロンパイ@三島市

プティポンさんの美味しいマロンパイを頂きました。
サクサクのパイ生地の中には、
しっとりとしたクッキー生地(かな?)に包まれた、
栗の渋皮にが丸々と入った贅沢なお菓子。

10月18日(日)11時~16時に開催される、
weekend booksの お菓子の家」
でも販売されるそうです。

ちょうど一息つきたいところに頂いた優しいプレゼントで、
至福のひとときを過ごさせて頂きました^^

pizzeria ver(ヴェル)@清水町

介護施設の倶楽部デスポルチ クラップスの1階にあるイタリアンです。
窯焼きのピザが美味しいと友人に連れてきて貰いました。

Ver(ヴェル)@清水町イタリアン

生地の香ばしさと塩気の具合が大好きな感じ。

Ver(ヴェル)@清水町イタリアン

ピザセットとパスタセットを頼んでシェアしました。

Ver(ヴェル)@清水町イタリアン

クリームチーズプリン。
その名の通りですが、
レアチーズケーキの様なプリンの様な、
滑らかな美味しいケーキでした。

Ver(ヴェル)@清水町イタリアン
いろいろ乗っているのが嬉しいセットの前菜。

Ver(ヴェル)@清水町イタリアン

食事をしていたって、
近況報告やらあれやらこれやら、
おしゃべりにも夢中になるのが女子会の醍醐味。
お手頃価格で楽しい時間を過ごさせていただきました。

かんなみ仏の里美術館

かんなみ仏の里美術館@函南町

平安時代とか鎌倉時代とかの、
この辺りで保存されてきた仏像を鑑賞できる施設です。
出来た当時から気になっていましたが、
ようやく今日行ってきました。

まずは資料室で、
ボランティアガイドさんの説明を聞かせて頂きました。
砕いたわかりやすい説明で、
恥ずかしい位無知な私でも、
興味を抱いて展示を見る事ができました。
お時間が許せばガイドさん、おすすめです。

展示室は1部屋で、
暗い室内に、静かに仏像が並んでいます。
上手にライトアップされた仏像の玉眼がキラリと光り、
ちょっとドキっとさせらたりして。
悪い事はしていないつもりでも、
睨まれればやっぱりね。
神聖な空気で心が洗われた気分です。

かんなみ仏の里美術館@函南町

仏像好きじゃなくても楽しめる、仏像の美術館。
神聖な空気の中、歴史に思いを馳せてみるのも、たまにはいいですね

 

かんなみ仏の里美術館
〒419-0101
静岡県田方郡函南町桑原89番地の1
TEL:055-948-9330
→HP

 

 

 

 

オープンガーデンカフェレストラン Vivra Vivre(ビブラビブレ)

素材にこだわる自然派のレストラン。
緑に囲まれた気持ちの良いところです。
日々の喧騒から少し離れた、
自然を満喫できるおすすめの場所。

オープンガーデンカフェレストラン Vivra Vivre(ビブラビブレ)南箱根

季節もちょうど良く、
自然の風を感じられる、心地よい部屋でお食事できました。
天気に恵まれたのもあり、リゾート感たっぷりです。

オープンガーデンカフェレストラン Vivra Vivre(ビブラビブレ)南箱根

オープンガーデンカフェレストラン Vivra Vivre(ビブラビブレ)南箱根

オープンガーデンカフェレストラン Vivra Vivre(ビブラビブレ)南箱根

食材のこだわりだけでなく、
味もしっかりとした、おいしいランチでした。

オープンガーデンカフェレストラン Vivra Vivre(ビブラビブレ)南箱根

何やら広いお庭の中で、
気になる事をされている模様。
またゆっくり行かせていただこうかな。

 

オープンガーデンカフェレストラン
ビブラ ビブレ

静岡県田方郡函南町平井12-1
TEL 055-979-5656LUNCH 11:30~L.O. 14:00
CAFE 14:00~
DINNER 18:00~(完全予約制)定休日 月曜、毎月最終火曜
 

GALLERY.BOOK.CAFE DENのドライカレー

GALLERY.BOOK.CAFE DEN@三島市

野菜たっぷりなのが嬉しい、
DENさんのドライカレー。
スパイシーさも調度良く、
一気にペロリです。

あっけない位にあの猛暑が通り過ぎ、
秋の気配が感じられる程になりましたが、
これを頂いたのは暑さの真っ只中。

暑気払いになりました!

あー、今年の夏は暑かった。
なんて毎年言っている気もしますが。

お花見

新年明けたと思ったら、
あっという間に桜の季節。
近所でのんびりお花見です。


柏谷公園

柏谷公園
芝生の広場を一周、ぐるりと桜の木。
犬と一緒に駆け回る子供たちや、
シートを広げてランチをするママ達で賑わっていました。

徳林院

ぽかぽかの陽気に誘われて、
今度は花見さんぽ。
伊豆の国市奈古谷にある徳隣院です。
歴史を感じる佇まいが、何となく落ち着く場所。

徳林院

枝垂れ桜も見頃でした。

徳林院

この子もピョンピョンとお元気そう。

梅の木やモミジなんかも見かけました。
また別の季節に行ってみよう。

JUNkobo pan(ジュンコーボー パン)

自家製酵母と国産小麦を使った、
こだわりのパン屋さん、
「JUNkobo pan(ジュンコーボー パン)」。
ちいさなかわいいお店です。

JUNkobo pan(ジュンコーボー)@三島市

以前に行った時には行列が出来ていました。
ファンの多いお店ですから、
あきらめ半分で向いましたが、
この日はスッと入る事ができ、
パンもたくさん残っていました。

JUNkobo pan(ジュンコーボー)@三島市

「やどかり食堂」さんのキッシュもありました。
カレーと卵とほうれん草の味だったかな。
また食べるのが楽しみな、絶妙な味。

JUNkobo pan(ジュンコーボー)@三島市

入り口の様子。
ひっそりと静かに営業している感じ。

JUNkobo pan(ジュンコーボー)@三島市

三島広小路駅のほど近く、
路地を少し入ったところで、
近くにはこんなおにぎり屋さんも。

他にも多数飲食店が立ち並び、
思わず笑みがこぼれる、
おいしい小路です。

 

JUNkobo pan(ジュンコーボー パン)
junkobo.jugem.jp/

リストランテ プリマヴェーラで豪華ランチ

初夏のある日、
長泉のクレマチスの丘にある、
緑に囲まれたイタリアン、「リストランテ プリマヴェーラ」で、
壮行会の様な激励会のような感じで豪華ランチへ行ってきました。

primavera(リストランテ プリマヴェーラ)@クレマチスの丘@長泉町

primavera(リストランテ プリマヴェーラ)@クレマチスの丘@長泉町

primavera(リストランテ プリマヴェーラ)@クレマチスの丘@長泉町

primavera(リストランテ プリマヴェーラ)@クレマチスの丘@長泉町

primavera(リストランテ プリマヴェーラ)@クレマチスの丘@長泉町

primavera(リストランテ プリマヴェーラ)@クレマチスの丘@長泉町

素材からこだわった繊細な料理は、
どれも創作性に富んでいて、
新鮮な発見があったりと、
美味しく楽しいお食事でした。

また行きたいな。
今度はゆっくりと庭園内を散歩したりして。

 

クレマチスの丘
www.clematis-no-oka.co.jp

 

「湯-トピアかんなみ」でマリーのパン!

先日久しぶりに「湯ートピアかんなみ」へ。
温泉でのんびりと日頃の凝りをほぐそうかと^^

マリー

なんと熱函道路にある、
マリーのパンが売っていました。
ここで買えるんだ!

コツボゴケ

そして我が家に春がやってきました。

小さな葉っぱが並んでいるのがコツボゴケ。
この季節になると、
どこからともなくやってきて、
毎年旺盛に増えるかわいこちゃんです。

被災していない僕たちが頑張る!

あれから毎年開催されている、
丹那にある「酪農王国オラッチェ」で開催された、
「被災していない僕たちが頑張る!」というチャリティイベント。

被災していない僕たちが頑張る!@オラッチェ

僕たちが頑張る!@オラッチェ

オラッチェは、
熱函道路から少し入ったところにある、
ぐるりと山々にに囲まれた、
田園風景の広がるのどかな場所にあります。
たくさんの人たちで賑わっていました。

我が家とは同じ町内という事になるのですが、
ちょっと登るだけで随分気持ちが良い。
空気が違う感じがします。

僕たちが頑張る!@オラッチェ

地震発生時刻にあわせておこなわれた法要。
時が経つにつれて、
ついつい被災地を遠くに感じていくようになりがちですが、
被災していない私はもうちょっと頑張らなければいけませんね。

苔ぼん

今回は、私のかわいい苔たちを出品させて貰いましたが、
それぞれお嫁に行きました。
たくさんお水を貰って、
幸せに育ってくれますように。

売上の半分が被災地への寄付となっています。
日々の生活の中で、
なかなか寄付もままならない現状、
そういった機会を与えて貰えたことに感謝です。

 

1 / 912345...最後 »

カレンダー

2017年4月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の投稿

タグ

おすすめの伊豆本

このブログを購読する