伊豆の隠れ家カフェや穴場ビーチ、老舗の蕎麦屋など人気のお店や足湯処、観光情報、お土産情報を紹介。!祝・反射炉世界遺産!

-伊豆で暮らす地元っ子日記-

: 東京・神奈川

1 / 212
箱根で苔さんぽ②

箱根神社で苔さんぽ

箱根神社。

箱根神社で苔さんぽ

狛犬さんも苔生しています。

箱根神社で苔さんぽ

裏の方にはエビゴケ。よく見ると胞子体も♥

箱根神社で苔さんぽ

お初にお目にかかるスギバゴケ。
自分だけで見つけられるかな。

箱根神社で苔さんぽ

手水場の龍がかっこいい!

箱根神社で苔さんぽ

最近よく見かけるシャガの花。
目立ちすぎない感じが上品でいいですね。

箱根神社で苔さんぽ

ゼニゴケの雌株。
受精すると傘の下にポッコリとくっつく、
ミモザのような黄色い胞子とってもかわいいのですが、
残念ながらこの日は見かけませんでした。

恩賜箱根公園で苔さんぽ

この子は石像の上にたくさん生えていた苔。
スナゴケの仲間かな?違うかな?

サロン・ド・テ・ロザージュ (Salom de the ROSAGE)
サロン・ド・テ・ロザージュ (Salom de the ROSAGE)

苔さんぽの後は、
芦ノ湖を望む「サロン・ド・テ・ロザージュ」の、
かわいらしいスイーツ。

この季節ならではの、
瑞々しい苔をたくさん眺められました。
こんな苔さんぽをしながら、
梅雨まっただなかの蒸し暑さを、乗り越えて行こうと思います。

 

箱根で苔さんぽ①

恩賜箱根公園で苔さんぽ

5月半ばの恩賜箱根公園で苔さんぽ。
まだ富士山にはたっぷり雪が残っていました。

恩賜箱根公園で苔さんぽ

以前に行った時には気づきませんでしたが、
なんとこの公園、所々に苔の説明がありました。

恩賜箱根公園で苔さんぽ

春?初夏?のこの日、
旺盛に広がるのは、コツボゴケ・ナミガタタチゴケ・コバノチョウチンゴケ。
そんな苔の絨毯の中のテーブルでのランチは格別です。

恩賜箱根公園で苔さんぽ

チヂレタチゴケ。
ナミガタタチゴケによく似ていましたがそれよりも大型。
これも看板で説明がされていました。

恩賜箱根公園で苔さんぽ

ウチワチョウチンゴケだそうです。
プチプチと見えるのはなんと細胞。まるっこいかわいらしい苔。

恩賜箱根公園で苔さんぽ

チジミバコブゴケ。
朔歯がくっきり!

恩賜箱根公園で苔さんぽ

ハートの切かぶ。これを見つけたら幸せになれる?なんちゃってね。

相変わらずですが、引きの写真が少なすぎ。
恩賜箱根公園で苔さんぽ

少ない中から引っ張り出したせめてもの写真。

苔生す二百階段。
二百段も、苔を見ながら下ればあっという間です♥

埜庵(のあん)でかき氷

鵠沼海岸の駅の近くにある、
天然氷のかき氷やさん。
ずっと前から絶対に行きたいと思っていたお店です。
やっと行けました!

埜庵のかき氷

天然氷だからか、口当たりが柔らかく、
ふわふわとしていて冷たさが適度に感じ、
イチゴのソースも果肉たっぷりで、
とろりとして美味しい。

夏は並ぶと聞いています。
早めに行けてよかった。

ここから車で1時間半位のところかな。
今回もまたはるばる葉山まで教わりに行っている、
金継ぎの帰り道。
ちょうど鎌倉の渋滞を抜け、
ひと息つくのに調度良い辺りでした。

金継ぎ

今回の目玉はこの欠け。
この三角の黒い場所は、
欠けてしまい、そのカケラを無くしてしまった箇所。
こんなに大きな欠けを、
漆で補正出来るなんて。
感激!

この後も作業はまだ続きます。
塗って磨いて金を撒くのです。
出来上がりが楽しみです。

カテゴリ:東京・神奈川, 金継ぎ
タグ:
金継ぎ部に入部!

逗子海岸

すっきりと晴れた海沿いの道を、
葉山までドライブしてきました。

金継ぎ部

目的は金継ぎ。
本だけではよくわからないので教わりに。

ARAHABAKI

ARAHABAKI」さんというギャラリーで、
月一回開催されている「金継ぎ部」に入部です^^
ちょっと遠いので尻込みをしましたが、
行ってよかった。
やっぱり実際に見てもらいながらやるのは違いますね。

hayama04

ARAHABAKIさんでオススメしていただき、
「SUNSHINE + CLOUD」というお店に併設された、
「Over Easy」というカフェでランチ。
キリっと洗練された雰囲気のショップをひと通り見て回り、
大きな窓から日が差しこむ明るいカフェでのんびり。

桜花園

食後には近くの「桜花園」というアンティークのお店にも。
思っていたよりも小物なんかはお手頃な物もありました。
そういえば頂き物の我が家の箪笥、
ひとつ取っ手が取れていたっけな。
サイズを測ってまた探しに行こう。

江の島

少し渋滞に巻き込まれ、片道2時間半。
こんなオーシャンビューを楽しみながらなら、
たまには長めのドライブもいいものですね。

カテゴリ:東京・神奈川, 金継ぎ
タグ:
千条の滝 in 箱根

千条の滝

喧騒の箱根美術館から千条の滝へ。
ここでランチをとり、またまた苔観察です。
さっきよりもひんやりとした空気。
滝の水しぶきもある場所だから、
お庭とはまた違う苔も生しています。

千条の滝

一応滝の説明書きもね。
後ろでは苔観察が始まっていますけどね。

千条の滝の苔

千条の滝の苔

千条の滝の苔

今回もまた新しいコケとかコケ情報とかを教わりました。
そんな事が楽しい今日この頃です。

カテゴリ:東京・神奈川, 苔さんぽ
タグ:,
箱根美術館で苔さんぽ

11月24日、箱根美術館での苔さんぽツアーに参加してきました~。

コケはともだち~箱根美術館へコケさんぽ~

 

箱根美術館の苔庭

紅葉真っ只中!!
こんなにいい季節に箱根に行ったのは初めてかもしれません。
普段はついつい混雑を避けてしまうのです…。

箱根美術館の苔庭

苔とのコントラストが素晴らしい!

箱根美術館の苔庭

それでも苔好きの集まりは終始下を向いています。

箱根美術館の苔庭

下を向いていても紅葉には出会います。
もみじと苔の相性のよさったら♥

箱根美術館の苔庭

これは私も少し育てているフデゴケちゃん。
こちらは随分生き生きとしているなー。家の子達は…。
岩の上にあるな。笹の下にあるな。
なんて生育環境を見てみるものの、よくわかりません。
どうしたらこんなになるのかな。

箱根美術館の苔庭

箱根美術館の苔庭

箱根美術館の苔庭

箱根美術館の苔庭

たくさんの種類の苔がありました。
始めましてもありました。
不思議なことに今までもそこにあったコケが、
指差されて初めて見えてきたりするんです。
小さな世界ならではのそんな感覚がおもしろい。

コケトレ!

コケトレに参加しに外苑前まで行ってきました。

コケボックリ

ホソバオキナゴケについてのお話しと、
それを使った「コケボックリ」の製作です。

この苔、山では針葉樹の根元に生えているもので、
図鑑なんかを見ても、生息地は腐木上とか倒木上とか書いてあります。
だから、この松ぼっくりの中の環境は、
この苔にとってもあながち悪くもない環境という感じらしいのです。

コケトレは、植物それぞれが、
人の暮らしの中に入っても、
無理なく生き生きと育ってほしいという想いが、
植物の先生と、コケの観察会なんかをしている方の間で意気投合し、
始まった企画なんだそうです。

そして、私も勝手に共感しているわけです。

 

野の花司

せっかく東京へ行ったので、
帰り道に大好きなお店「野の花司」に寄ってきました。

 

山野草の寄せ植え

帰ってきて山野草の寄せ植え。
野の花司にあったイトススキとヤシャジンシャジンをつかって、
家にあったフジバカマなども足して。

ついでにコケボックリさんも並べてみました。
うんうん。引き立てあってる♥

近くのお山にお店がオープンしたので、
開店花としてお届けしました。
こちらのお店は、いつでも季節のお花が咲く、
お花好きな店主さんなのです。

 

ことり工芸舎 オンラインショップ
kotori-kogeisya.com/
※実店舗は毎週金曜日にOPENしています。

カテゴリ:東京・神奈川, 苔さんぽ
タグ:
東京さんぽ

GW第一弾!
銀座にある「野の花司」に行ってきました。
茨城でやっている苔展まで足を延ばそうかと悩みに悩み、
結局東京でストップ。

東京のど真ん中でこんな感じの草花が並んでいるなんて。

野の花司

いろんな野花が並んでいました。

 

野の花司

近ければ、野の花教室に通いたいところです。

 

野の花司

今回は右側の「白花マンサク」をお持ち帰り。
また行きたいお店です。

ちなみにこの石ころの隙間にも、
苔が生す予定です!
苔の気持ちは掴みきれていないので、
予定は未定ですけどね。

 

カテゴリ:東京・神奈川
タグ:
農家カフェ あぐり & IKEA

aguri_lunch.jpg先々週の女子会。
久しぶりに三島市御園にある「あぐり」さんへ行ってきました。
新鮮野菜たっぷりなのが嬉しいランチセットです。
相変わらず美味しい!

メインは選べますが、やっぱり魚です。
前回も魚を食べ、
焼き具合なんでしょうか、
とてもふっくらしていて美味しかったから。
たまにしか行けていないけれど、私のツボ。

kenken.jpgさらにその少し前、
夏休みでIKEAに行ってきました。
近くに住む友だちの家に遊びに行きがてら。
そこの子どもたちにも会いがてらです。

横浜時代、
かなりの頻度でお邪魔していたお宅です。
同級生だけど実家みたいな気分で甘えっぱなし。
だから身内じゃないけど甥っ子のような、
そんな勝手な愛着があったりして。

次男君、突然おしゃべりを初めていました。
こないだまで何をいっているのかわからなかったのに~。
この時は肉団子が臭くて嫌いと言っています。
何を言ってもかわいい。

お寺 de コケさんぽ in 池上

苔のイベントに初参加です。
密かな苔ブーム?
40人近い方々が参加していました。

まずは池上本門寺です。
東京在住の頃にぜーんぜん観光をしなかった事を後悔。
もっともっといろんな所に行けばよかった。
ここは気持ちのよい場所でした。

kokesanpo02.jpg都内ですよ。
広々としています。
緑も豊富~。
kokesanpo03.jpg五重塔。
下から2段までが瓦、それより上が銅の屋根。
この銅の屋根がポイントだそうで、

kokesanpo04.jpgその下には「ホンモンジゴケ」が生息しています。
ここで発見された苔だからそういう名前。
これは銅の何かがある下にある苔なのだそうです。
そこからの雨水が垂れる場所に。

でもここのホンモンジゴケはちょっと残念な感じでした。
もっと素敵なんですが、この時はまだそれを知らないから、
先生方が残念がっている意味がわかりませんでしたが^^;

kokesanpo01.jpg向かったのは本門寺の名園「松濤園」です。
普段は入れませんが特別に入らせて頂きました。
ラッキー。すばらしいお庭です!

でも本題は苔なんです。
素晴らしいお庭はそっちのけで、
みんなで這いつくばって観察です。

kokesanpo.jpg「コツボゴケ」

kokesanpo05.jpg「ナミガタタチゴケ」
その名の通り、葉が波型にウエーブしています。

最初は「コツボゴケ」と区別がつきませんでしたが、
先生の言う「コケ目」になっていくにつれ、
ちょっとは区別がつくように。

kokesanpo06.jpg「ギンゴケ」
都会派の苔と言われ、その辺の道端にもあるそうです。
先生たちは「銀さま」と呼んでいるそうです。
もちろん私にとってもこれから「銀さま」です。

この色が最高系。銀色。
私はまわりの緑が最高系かと勘違い。
別の苔なんだそうです。質問してよかった。

ギンゴケは奥の方に葉緑素をもち、
紫外線とかから自分を守っているんだそうです。

kokesanpo07.jpg
でた。「ジャゴケ」。
今までだったら「気持ち悪ーい。」といったところですが、
今回随分見方が変わりました。
これは他の苔と違って、まあ香りがいいこと。
マツタケと同じ香りの成分をもっているんだそうです。
先生は山椒の香りと似ているとおっしゃっていました。
たしかにたしかに。
とにかく私の大好きな香り。
実家の庭でも探してみよう。ありそう。
今まで「ゼニゴケ」とひとくくりにしていた中にあるかもしれない。

kokesanpo08.jpg次は「本妙院」に戻り、
住職のお話しを聞いた後、
またまた苔観察。

kokesanpo09.jpgおお~。
さっきのとは随分違う立派な「ホンモンジゴケ」。

kokesanpo10.jpgキレイですね~。
触り心地も最高。ビロードみたい。
高級感たっぷり♪

kokesanpo11.jpgこれはすごい!
左半分が「エダツヤゴケ」。
右上が「ヒジキゴケ」。
右下が「ケギボウシゴケ」。
あっているかな??
ちょっと不安ですが、とにかく三種類が共存する岩。
このまま丸ごと欲しいくらい。

kokesanpo12.jpgこれは何でしょう。
「ヒョウタンゴコケ」かと思って採取しましたが、
違うんだそうです。
不明のまま。
kokesanpo14.jpgこれも何でしょうか。
これは「サヤゴケ」かと思いましたが、
全然違うそうです。
「サヤゴケ」は主に木の枝にいて、
サヤのように茎の部分に葉が絡み付いている感じのようです。
それはルーペで見ないとわからないし。苔の判別は難しい~。
でもこうやって採取しておくと、
後日、もっともっと詳しくなってから判明する事が多々あるんだそうなんです。
大事にとっておきます。

kokesanpo13.jpgこれはお馴染み「フタバゼニゴケ」→「フタバネゼニゴケ」。
傘になっているのは受精に成功したのだけ。
下のハート型のは独身雌株。

私はゼニゴケは敵だと言われ育ちました。
他の植物が育たなくなるとか何とかで。
そして、今日見方が変わりました。
独身がハートって何だかチャーミング。

kokesanpo15.jpg

実は素敵なお庭での苔観察でした。
最後のお話しで、
「引きの写真も撮りましょう。どこの場所かわからないので。」
と言われましたが、図星。
本妙院の引きの写真が1枚もありません。
とっても素晴らしいお寺だったのに。
住職がおっしゃっていました。
「お寺は開かれた所だから、
いつでも自由に過ごしていい場所」だそうです。
おすすめのお寺さん。

kokesanpo16.jpg最後にコケドリンクとお菓子を頂きながら、
苔のお話しを聞きました。
ドリンクは先生おすすめのお抹茶。コケではありません。
冷たいお抹茶もおいしいんですね。

とっても勉強になったコケさんぽ。
ひとりで見ていても何が何だかさっぱりだったから。
お土産に今日使ったルーペを頂きました。
とりあえず暫くはこのルーペで楽しもうと思います。

母が行けなくなり、
苔仲間もいないので、思い切ってひとりぼっちで参加してみましたが、
行ってよかった。苔友もできたし。

次回があるかどうかわからないけど、
次回、もっと質問ができるようになりたいなー。

そうだ。あの香貫のあそこにまた行ってみよう。

1 / 212

カレンダー

2017年4月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の投稿

タグ

おすすめの伊豆本

このブログを購読する