Boulangerie Ca depend (ブーランジェリーサデポン)@長泉町のパン屋

ブーランジェリーサデポン|長泉|天然酵母がこだわりの古民家パン屋さん

サデポンさんってどんなお店?

「ブーランジェリーサデポン」は、長泉町にある築50年ほどの民家で営まれている隠れ家的な人気のパン屋さん。こだわりの自家製天然酵母で焼かれたパンはどれも美味しそう。ハード系をはじめとして20種類くらいのパンが焼かれている。

お店の中の様子

Boulangerie Ca depend (ブーランジェリーサデポン)@長泉町のパン屋

玄関を開けると、ずらりと並ぶパンの数々。フワーっと香ばしいいい香りに包まれながら、今日はどのパンにしようかと迷う時間は幸せそのもの。写真は午後行ったときのもの。この日は雨だったので、午後にしてはたくさん残っているのだそう。オープン時間には、もっとたくさんのパンが並んでいるそうなので、お気に入りをじっくりと選びたい方はオープン時間を狙ってみて。

Boulangerie Ca depend (ブーランジェリーサデポン)@長泉町のパン屋

こんがりと焼かれたハード系のパンはやっぱり魅力的。今度はもっと早い時間に行ってたくさんの中からお気に入りを探してみようかな。

Boulangerie Ca depend (ブーランジェリーサデポン)@長泉町のパン屋

下段には、ソフト系のパンもくるんと個別包装で。こちらもどれも美味しそう。その日の気分に合わせたパンを選んで至福の時間をどうぞ。

Boulangerie Ca depend (ブーランジェリーサデポン)@長泉町のパン屋

左:長ネギとチーズ(正式名称ではありません)
右:ホワイトチョコとマカデミアナッツ

外は香ばしく中はもっちり。ふんわりと甘味を感じる美味しいパンでした。

Boulangerie Ca depend (ブーランジェリーサデポン)@長泉町のパン屋

クロッカン。まんまるがかわいくて一目ぼれ。ちょっとした手土産にもよろこばれそう。

お店の外観

Boulangerie Ca depend (ブーランジェリーサデポン)@長泉町のパン屋

昔懐かしい、立派な古民家をリノベーションしたパン屋さん。こだわりたっぷりの本格派だけど日常に溶け込むような雰囲気持った外観は、サデポンさんのパンとぴったり。

おまけ

Boulangerie Ca depend (ブーランジェリーサデポン)@長泉町のパン屋

お店の上の方を見上げると、凝ったアールの開口が。お家の中には、この開口が各所で使われているのだそう。丁寧にこだわりをもって建てられたこちらのお家の証かしらと、50年前に思いをはせるのもまた見どころのひとつ。

Boulangerie Ca depend (ブーランジェリーサデポン)@長泉町のパン屋

そしてお店のロゴ、この開口の形なのだそう。50年の年月を越えて、こだわりを引き継がれたサデポンさんのセンスに感動です。

アクセス・営業日・HP

■店名
Boulangerie Ca depend (ブーランジェリーサデポン)
■住所
静岡県駿東郡長泉町下土狩201-2
■定休日
日・月曜日
※その他お休みあり。お店のインスタ等でご確認ください。
■駐車場
お店の隣に2台分あり(縦に1台ずつ)
■HP
https://cadepend2018.amebaownd.com/
■Instagram
https://www.instagram.com/cadepend2018/
Boulangerie Ca depend (ブーランジェリーサデポン)@長泉町のパン屋
最新情報をチェックしよう!