下田あじさい公園

下田あじさい公園|下田市|100種のあじさいが咲き誇る圧巻の見ごたえ

下田公園の様子

毎年6月頃になると、小高い丘に15万株300万輪といわれるアジサイが咲き誇る下田公園。敷地も広く、約8万坪(東京ドーム5-6個分 !?)。丘の斜面を埋め尽くして色とりどりに咲き誇るアジサイは見ごたえあり。

下田あじさい公園

公園内には小路がたくさんあり、紫陽花に囲まれながらお花見さんぽを楽しめる。アップダウンがあるのがこの公園の特徴。歩きやすい靴や服装でお出かけください。

下田あじさい公園

見頃のときはどこを見ても紫陽花が咲き誇る別世界。各所で記念撮影をしている姿をたくさん見かける。ふわふわと揺れる紫陽花の中を歩いていると時間が過ぎていくのも忘れてしまう。

下田あじさい公園

下田あじさい公園

山肌をを埋め尽くす紫陽花はここでしか見られない素晴らしい景色。京都や鎌倉に負けず劣らず伊豆ならではの人気の観光スポット。

下田あじさい公園

下田あじさい公園

下田あじさい公園

ぐるぐると公園の中を歩き回って梅雨の合間の紫陽花の季節を満喫。見ても見ても飽きないから不思議。気づけば何枚、いや何百枚の写真を撮っただろう。この日はポツポツ雨が降ったり止んだりの、絶好のあじさい花見びより。梅雨のジメジメした季節をパッと明るく彩る紫陽花を楽しみに下田公園へ是非どうぞ。

あじさいの種類

下田あじさい公園

下田あじさい公園

100種類の紫陽花が咲いているそう。紫陽花ってこんなにいろいろ違うんだな。改めて関心させられる。公園内を歩き回って是非お気に入りの紫陽花を探してみてほしい。

公園からの眺め

下田あじさい公園

紫陽花の向こう側に下田港を一望できるスポットも。下田公園は、北条水軍の拠点となった下田城(鵜島城)の城跡なのだとか。江戸末期には日本で最初に外国へ港を開いたとされる日本開国の舞台ともなった下田港。歴史に思いをはせて港や街並みを望んでみるとまたひと味違う景色が見えてくる気がする。

下田あじさい祭りについて

例年6月1日~30日に開催される「下田あじさい祭」は、地場産の露店が出たり「下田太鼓」などの催しがあったり、多くの観光客で賑わう人気のお祭り。同時期に「下田きんめ祭り」も開催されるので、併せて下田を満喫してみては。

【下田あじさい祭り】
開催期間:毎年6月1日~30日
場所:下田公園(城山公園)
駐車場:祭り期間中は、下田公園下に臨時開設(有料)

毎年の紫陽花の見頃時期

毎年6月中旬頃に満開を迎える下田あじさい公園。満開を狙う参考までに。例年6月1日~30日の期間、あじさい祭りが開催されます。

  • 2020年6月15日頃
  • 2019年6月20日頃
  • 2018年6月20日頃

住所・MAP

■名称
下田公園(城山公園)
■住所
静岡県下田市3-19
■交通アクセス
伊豆急下田駅から徒歩15分
■駐車場
無料(あじさい祭開催中は有料)
■HP
https://city.shimoda.shizuoka.jp/category/100100midokoro/110769.html
下田あじさい公園
最新情報をチェックしよう!